最新の記事

2009年01月19日

「壁」 石井裕之 著 フォレスト出版




 ・・「壁」。

 タイトルはシンプルだけれど、内容は深いです。

 思えば、今まで、本当に色々な壁にぶち当たってきました。

 仕事の壁。恋愛の壁。お金の壁。人間関係の壁・・。

 思い出すと胸が苦しくなるような、本当に苦しかった「壁」も数知れず・・。

 特に、二十代前半の頃。

 夢と希望を抱いて社会人になったのはいいけれど、初めて入った会社で、人間関係に苦しんだ。

 恋愛も、ことごとくうまくいかなかった。

 新卒の安月給。一人暮らしをしてたから、お金もなかったな・・。

 ・・とにかく、苦しかった思い出しか、出てこない。

 
 でも、よく考えたら、自分はどうやってそれらを乗り越えてきたんだろう?

 今、こうして生きていられるのは、なんだかんだで、「壁」を乗り越えてきたからこそのはず。

 
 ・・そして、この本には、その答えが書いてありました。

 
 石井裕之さんの言葉。

 『新しい自分に生まれ変わる準備が、あなたにはもうできているのだ。』


 つまり、「壁にぶち当たる」と言うことは、「新しい自分に生まれ変わる時期が来た」ということ。

 自分自身の潜在意識が、「壁」を創造し、突きつける。・・「どうする?」と。

 
 壁にぶち当たるればぶち当たるほど、私たちは、生まれ変わることができる。その前よりも、もっと進化した自分に。

 こう考えると、「壁」って、忌み嫌うものではなく、喜んで受け止めるべきもの。ということになるのでしょう。

 
 ・・私は、もう、「壁」が来ても、恐くない。

 なぜなら、「壁」は、自分が、自分自身のために創造したものだと分かったから。
 
 それは、途方もなく高いように見えても、その壁を乗り越える準備は、とっくにできている。

 のりこえられない「壁」を、自分自身が創造するはずがないから。

 
 「壁を越える」ということは、きっと、「脱皮」なのだ。

 自分でありながら、全く新しい自分へと変化するために、殻を破る。
 
 そのきっかけ、サインとして、自分自身で創造するもの。・・それが、「壁」の正体。

 
 この本を読んで、やっと、過去の思い出と決着をつけられそうな気がする。

 
 「壁だろうが、谷だろうが、なんでも来い!」(笑)・・って、今、そんな心境でいます。


◇石井裕之さんのCD
石井裕之先生『ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム』はこちら

◇内容紹介・レビューが読めます
壁 ~カリスマ・セラピストが教える!どんな壁も乗り越えることができるセラピー~


◇トップページへ
ビジネス書を読んで、成功しよう。
 
posted by ビジネス太郎 | Comment(2) | 生き方・人生訓

ビジネス書を読んで、あほうになろう。生き方・人生訓⇒「壁」 石井裕之 著 フォレスト出版
この記事へのコメント
>「壁を越える」ということは、きっと、「脱皮」なのだ。

これは確かにそうかもしれませんね。
私も一年前に壁にぶつかって、その後いろいろなものを捨てて、
新しいものを積み上げて、相当自分は変わったなと感じます。

古い物を脱ぎ捨てる、まさに脱皮ですね。
この本、読んでみようと思います!
Posted by TAKU at 2009年01月22日 00:43
TAKU様、明けましておめでとうございます!(←遅いから・・。。)こ・・今年も、どうぞよろしくお願い致します。
「殻を脱ぎ捨てる」ということは、イモ虫がより良いイモ虫になる。とうことではなく、イモ虫からサナギ、サナギから蝶へと、全く違う自分へと生まれ変わるということなのですね。
イモ虫がより良いイモ虫になっても、結局、「イモ虫」であることに変わりはない。でも、蝶は、自由自在に空を飛びまわることができて、地面を這っていたイモ虫だったときと比べ、その活動範囲・認識できる世界が、一気に、三次元のステージへと広がる。
人間って、ゆっくりと、少しずつ進化していくんじゃなくて、あるマックスに達した瞬間、一気に、革命的に進化していくものなのかもしれませんね。
Posted by TAKU様へ:ビジネス太郎 at 2009年01月23日 08:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。