最新の記事

2009年03月24日

「察知力」 中村俊輔 著 幻冬舎新書




 サッカーはあまり詳しくないのですが、中村俊輔さんは大好きです。

 どちらかというと線が細く、決して身体的には恵まれているわけではないのに、柔軟で、しなやかで、まるで手で扱っているかのように、自由自在にボールを操るそのテクニック。

 そして、空間自体が曲がっているかのような孤を描き、正に"ここしかない"という場所に突き刺さる芸術的なフリーキックなど・・。

 絶対的な存在だった中田英寿選手に代わる、全く新しいタイプの日本の"司令塔"。

 この本を読むと、彼はいかに「考えて」サッカーをしているのか?ということが、よくわかります。

 
 細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。
 何も考えずにサッカーをやっていても巧くはならない。
 そして、海外のサッカーをたくさん見たとしても巧くはならない。
 同じ映像を見ながら、何を察知し、感じ、自分のものにするかということが大事だと思う。


 
 この言葉からもわかるように、中村俊輔さんは、同じ映像を見るにしても、「察知し、感じたものを、いかにして自分のものにするか?」と、常に自分自身に問いかけながら見ている。


 違うタイプの選手から自分にないものを学びたい。
 いろんなことを吸収しながら、引き出しを増やしつつ、自分のやり方、プレーの質を高めようと考えている。
 どんなポジションであれ、レベルの高いサッカー選手から、盗めるものは何でも盗みたい。
 チームメイトであっても、敵であっても、テレビで見る選手であっても。



 海外の華麗なサッカーを見ながら、「わあ、すごい。」で終わらない。
 なぜこの選手は、このような動きができるのか?徹底的に分析し、自分のプレイにフィードバックしていく。

 そして、失敗と修正を繰り返しながら、自分のプレイの「引き出し」の数を増やしていくのだ。

 
 ちなみに中村俊輔さんは、日本でプレーしていた頃、チームメイトとの食事会も、必要ないと断っていたのだそうです。

 なぜなら、「サッカーと関係ないことに時間を費やしている暇はない」と考えていたから。

 すべては、大好きなサッカーのために。

 中村俊輔さんは、大好きなサッカーに対して、決して「妥協」はしない。

 ある取材で、「サッカー選手として誰にも負けないことは何か?」と聞かれたときの中村俊輔さんの返答に、彼の生き様が表れています。
 
 「妥協しない姿勢。」僕は、すかさず答えた。
 「今、突然サッカーができない身体になっても、極端な話、今死んでしまっても悔いはないな」と。
 もちろん、家族のことを考えれば、そんな風には思わないけれど、サッカーに関しては、悔いはない。
 それは、毎日を100%、妥協しないで生きているから。

 
 
 「今死んでしまっても悔いはない。」

 ・・こう、言い切れる人生。


 中村俊輔さんの芸術的なプレーの裏側には、「死」と真正面から対峙している男の、凄まじいまでの決意がある。

 
 ・・中村俊輔さんは、きっと、「あほう」なのだ。

 全人生をかけて、サッカーというゲームを極めつくそうとしている、「サッカーあほう」なのだ。


 フリーキックは僕の武器のひとつであることは事実だけど、僕にとってのフリーキックは、努力の賜物とか、才能というふうには考えていない。
 フリーキックは、僕の趣味であり、特技という感じ。サッカーも同様だ。
 
 〜中略〜

 僕にとってサッカーは特別なことではない。
 文字通りの趣味であり、そして特技なのだ。

 
 

 ・・仕事だったら、妥協する。 

 でも、「趣味」だから、妥協しない。そして、死をも厭わない。


 ・・中村俊輔さんの言葉。
 
 先のことはわからない。でも、ひとつだけわかっていることがある。
 僕は、一生サッカーを追いかけていく。これは間違いない。


 
 「あほうになりたい。」

 ・・簡単に言っては見たけれど、私の目には、その道はまだ、入り口さえ見えていない。


◇内容紹介・レビューが読めます
 察知力 (幻冬舎新書)

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。
 
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | 生き方・人生訓

ビジネス書を読んで、あほうになろう。生き方・人生訓⇒「察知力」 中村俊輔 著 幻冬舎新書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。