最新の記事

2009年04月29日

「脳にいいこと」だけをやりなさい! マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳 三笠書房




 この本はかなり売れているようですね。私も楽しんで読めました。

 目新しいことはあまり書いてないように思えましたが、かなり多くのページが「気功」だとか、「瞑想」に関することに割かれていたのにはちょっと驚きました。

 こういうスピリチュアルっぽいことって、書いちゃうと、学会から追われると聞いたことがありましたので・・。

 最近では、苫米地英人さんや齋藤孝さん、神田昌典さんなんかも、「気功」や「瞑想」や「占星術」などについて、結構堂々と書いていますよね。

 このような目に見えない世界の仕組みがだんだんわかってきて、もういつの間にか、気がつかないうちに浸透してしまっているというのは、ちょっと興味深い話です。

 この本の中で特に楽しんで読んだのが、やっぱり「瞑想」について書かれているところ。

 著者であるマーシー・シャイモフさんは、「幸せを呼ぶ脳の使い方」という項目において、「瞑想」というものに対して以下のように述べています。

 人生とは美しく神秘的な海を泳いでいるようなものですが、泳ぎを止めてその美しさを見ようという人はなかなかいません。
 脳がその美しさに気づく力を養うために、一日十五分でいいから、瞑想などで脳内奥深くに目を向けるようにしましょう。


 
 瞑想といえば、スティーブ・ジョブズも座禅を組むのが日課であったというし、苫米地英人さんも瞑想を勧めていますよね。
 神田昌典さんも、ご著書の中で、「以前は瞑想をやっていた時期もある」と言っていました。

 ・・う〜ん・・。「瞑想」には、やっぱり、何かある・・。

 ナントカ宗教とか、ナントカ精神文化とか、そんなんじゃなくて、そういうレベルを超越した、何かが・・。

 今年の私のテーマである、『思いついたら、四の五の言わず、後先考えず、とりあえずやってみる。三日坊主になってもいいじゃない。とにかく手をつけなはれ。・・宣言。』をしちゃった手前(・・どんな宣言や。)、とりあえず一日十五分、瞑想をやってみることにしました!
 
 まず、この本に書いてある通りに、頭上から白く明るい光の円柱が下りてきて、頭を光で満たしているとイメージしながら、体をリラックスさせていきます。

 
 ・・しかし、バイクがスゴイ音を立てて通る・・。
 
 ・・さらに携帯鳴る・・。(・・。)

 
 達人はそんな雑音でもまったく動じないんでしょうが、私は気になってしかたなかったです・・。ハイ。。

 ・・で、一回目はストレスばかりたまってうまくいきませんでしたが、次は、窓を密閉して、携帯の電源切って、やってみます。

 三日坊主かもしれませんが、イヤイヤやる気はさらさらないので(笑)。・・ま、実験ですね。


 この本は、「瞑想」「座禅」という、気になってはいたけど、やったことはなかった、新しい世界を経験する一歩になった本。

 ・・そして、終始に渡って、語り口調が詩的で、穏やかで、"癒されながら深く学べる"。そんな一冊でした。



◇内容紹介・レビューが読めます
 「脳にいいこと」だけをやりなさい!

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | 教養・知識

ビジネス書を読んで、あほうになろう。教養・知識⇒「脳にいいこと」だけをやりなさい! マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳 三笠書房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。