最新の記事

2009年05月23日

「経営に終わりはない」 藤澤武夫 著 文春文庫




 「お金はもってないけれど、金はつくるよ」

 ・・こう言って、天才技術者本田宗一郎とコンビを組み、二人三脚で「世界のホンダ」を作り上げた、陰の立役者、藤沢武夫さん。

 ナンバー2という生き方が、こんなにもカッコイイものだなんて・・。

 ・・あまりにおもしろくて、休みナシで一気に読んでしまいました。


 資金面や営業、実質的な経営は藤沢武夫さんが担い、技術や開発は本田宗一郎さんが担当し、お互いの専門分野には決して口を出さない。

 創業者と経営者がお互いの得意分野で100%能力を発揮できるように約束を交わし、本田技研工業は「世界のホンダ」への第一歩を踏み出していく。

 
 藤沢武夫さんの言葉で印象的だったのが、この言葉。

 本田はあれだけの技術者でありながら、自分から設備や機械をほしいといったことがない。
 与えられた条件のなかで、可能性を見つけようとする。
 決して弱音をはかない。 
 だから、新しく金を出して買い入れたものをムダにすることは決してありませんでした。


 
 本田宗一郎さんは、どんな悪条件でも、環境が悪いだの、あの機械があればできるのに、などと、グダグダ言わない。
 今いる環境で、今ある機械で、なんとか知恵を絞り、工夫に工夫を重ね、そのポテンシャルを出し尽くそうとする。

 藤澤武夫さんは、それが分かっているから、安易に無駄な設備投資に走らなかったし、本当に必要なものだけに資金を注ぎ込み、他のほとんどのメーカーが手を出していた本業以外の投資(後にこれらのメーカーは大損することになる)には絶対に走らなかった。

 お互いが、お互いを、圧倒的に信頼している関係。

 ・・でも、ベタベタしない。言いたいことは、ハッキリ言う。

 根底でお互いが100%信頼し合っているからこそ、何を言っても遺恨が残らない。

 藤澤武夫さんのこの言葉は、私に、本当の友情のあり方というか、人間関係の極みみたいなものを、垣間見させてくれました。

 
 そして、一人の天才、本田宗一郎に頼る経営では、本田宗一郎に何かがあったら、この会社は一瞬で立ち行かなくなることを見越して、第二、第三の「本田宗一郎」が社内の中から育つように組織を改革。

 そして、数え切れない失敗と抵抗を受けながら、思い切った決断と大胆な行動力で、絶体絶命の窮地を見事に乗り切っていく様は、まさに、"男惚れ"という言葉がピッタリくるくらい、私はすっかり魅せられてしまいました。

 アブク銭を儲けるためだけの無駄な投機に走らず、どんな成功にも決して驕ることなく、社会的責任を全うするという愚直な道を選び、そして、25年目の、二人揃っての鮮やかな引き際・・。

 
 ・・男たるもの、かくありたいものですね。

 これは、起業を志す人、また、経営者や政治に携わる人たちに、須らく読んで頂きたい珠玉の一冊です。
 
 この本は、「キノキョウ−きのうより今日、今日よりも明日 前進、向上!」の、ぼってぃーさんから紹介していただきました。

 本当にすばらしい、久しぶりに心が打ち震えた一冊でした。 
 ぼってぃーさん、ありがとうございました! 
 

◇内容紹介・レビューが読めます
 経営に終わりはない (文春文庫)

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(2) | 生き方・人生訓

ビジネス書を読んで、あほうになろう。生き方・人生訓⇒「経営に終わりはない」 藤澤武夫 著 文春文庫
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!
もうほんと、いいですよね!

「人生を変えた本」というランキングを作ったとすれば、間違いなくベスト5に入るほど、大好きです。

僕は特に、二人の退任のシーンがすごく印象に残っています。赤の他人同士が、ここまで深い絆で結ばれるなんて…。

最近気付いたのですが、二人三脚で経営を行ってきた経営者、すごく多いですね。
本田宗一郎に藤沢武夫。松下幸之助に高橋荒太郎。……。
海外でも、Apple、Google、HP。……。

調べてみると、どんどん出てきます。
いやー、僕も腹の底から信頼できる人と出会いたいです!
Posted by ぼってぃー at 2009年05月24日 08:38
ぼってぃーさん、本当に素晴らしい本を紹介してくださって、ありがとうございました!
トップの人ばかりにスポットライトが当たってしまうのは世の常ですが、それを支えているナンバー2の存在がいかに大きいかということを思い知らされました。
二人三脚で経営をして成功してきた人たちって、やっぱり、ベタベタしていないですよね。適度な距離感があって、啓蒙しあっているというか。
複数で起業するとダメになるって聞いたことありますが、これは「ベタベタ」が原因なのかもしれないっていう気がします。
Posted by ぼってぃーさんへ:ビジネス太郎 at 2009年05月24日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。