最新の記事

能力開発:カテゴリーの記事一覧

2009年10月02日

超「時間脳」で人生を10倍にする 苫米地英人 著 宝島社


超「時間脳」で人生を10倍にする

超「時間脳」で人生を10倍にする

  • 作者: 苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 苫米地英人さんが、「時間」について書いている本。

 「時間がない」は、いつも忙しい人が使う言葉の代表格ですが、この本を読んだら、それがいかにその人の能力のなさを露呈しているかということを、理解することができます。

 『時間の概念は、人間の意識が作り上げた「幻想」だ!』
 ・・と、あいかわらずの"苫米地節"は顕在ですが(笑)、私の人生にとって大きな意味を持つ一冊になりました。

 仕事に追われることなく、家族や友人たちと心置きなく過ごせる人生・・。
 趣味やスポーツに好きなだけ打ち込んで、世界中を旅する人生・・。

 考えただけでもワクワクしてくるのですが、それを「不可能」と思わせる、「時間」という縛り。

 でも、その「縛り」は、実は自分自身で作り出していた幻想だったとしたら・・?

 人生の喜びや楽しみというものを、自分の手で、奪ってしまっていたということになります。

 1日は24時間しかないのに、本当に、そんな夢のような時間のゆとりを、手に入れることができるのでしょうか・・。

 この問いに対して、苫米地英人さんは、こう断言します。

 "1日24時間の牢獄"を突破する鍵を、すでにあなたはもっています。
 その存在に気付いていないだけです。
 本書の中で私がお教えするトレーニングを実践していただければ、あなたは時間を自由に操る鍵を手にすることができ、1日の時間を数倍、数十倍、数百倍に拡張させることができるのです。
 
 

 本書において、苫米地英人さんは、そんな「時間を自由に操る鍵」を手に入れるためのトレーニング方法として、以下の三つを挙げています。

  1. クロックサイクルを上げる

  2. 並列度を上げる

  3. グレインサイズを上げる


 「クロックサイクル」とは、ひとつのタスクに対して、どれだけ速く処理できるかのものさしのこと。

 例えば、オーディオブックをアイポッドで聞いたとして、それを普通の速度で聞く場合と、2倍速にして聞く場合では、後者のほうがクロックサイクルが2倍早いということになります。

 つまり、同じ時間で2倍オーディオブックを聞けるというわけです。

 もちろん、3倍速、4倍速とスピードをさらに上げることで、クロックサイクルは3倍、4倍と上がっていきます。

 次に、「並列度」とは、同時に処理できるタスク数のこと。

 並列度が高ければ、同時に処理できるタスクの数が増え、システム全体としてのタスク処理のスピードが上がることを意味します。

 例えば、右手でパソコンを打ちながら左手でノートを書いたり、二冊、三冊の本を同時に読んでいくといったことです。

 最後に、「グレインサイズを上げる」とは、1回のアクションで処理できる情報量を増やすこと。
 苫米地さんがよく言う「抽象度を上げる」と同じ意味です。


 私はこの本を読む前から、「クロックサイクルを上げる」というトレーニングは実践していて、オーディオブックやCDセミナーなどの音声は、すべて話速変換ソフトを使って2〜4倍速(モノによってスピードを変えています)に変換し、アイポッドで聞いています。

 最初は速すぎて何を言っているのかわかりませんでしたが、最近は脳が高速音声に慣れて、3倍速くらいでも話が理解できるようになりました。

 そして、この本を読んでからやってみたのが「並列度を上げる」ということ。

 仕事場で、可能な限り二つの動作を同時にやるようにしていますが、実際これはかなり難しいです。ってか、できません・・。

 でも、これもきっと"慣れ"。根気良く続けていれば、脳が情報を並列的に処理することを覚えてくれるはずです。

 面白いのは、こうやって時間を短縮していこうという意識があると、いろんな「可能性」が見つかることです。

 私は今まで自宅で本を読むときは、集中できるようにまわりをなるべく静かな環境にするように気を配っていたのだけれど、でも、本を集中して読みながら、同時にオーディオブックを集中して聞くことだって、できるんじゃないか?って、思えたこと。

 実際にやってみたら、やっぱりうまくいかないんだけれど(笑)、でも、これは、私の脳が二つの情報を同時に処理することに今はまだ慣れていないだけであって、潜在的な能力としては、本に集中しながら同時にオーディオブックを楽しむことだって、きっとできるはずだ。って、今は思っています。

 時間を短縮できるまで時間はかかりそうですが(←ややこしい・・。)、今はこのぎこちなさを楽しみながら、継続してトレーニングしていくつもりです。

 以前にジーニアスコード集中講座に行ったときも思ったのですが、私は、まだ自分の脳が秘めているとてつもないポテンシャルを、全然使ってないんだな〜って、この本を読んで、改めて思い知らされました。

 苫米地英人さんの本の良さは、いつも、自分の可能性の幅、限界の幅を、どんどん広くしてくれるところにあるんですよね。  


◇詳しく見る(アマゾンへリンク)
 超「時間脳」で人生を10倍にする

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(2) | 能力開発

2009年03月01日

営業は「洗脳」 苫米地英人 著 CYZO




 苫米地英人さんの「営業」の本。

 よく営業関係の本を読むと、ほとんどがこう書いてある。

 「商品を売る前に自分を売れ。」
 「お客さんのことを第一に考えていれば結果は後からついてくる」

 
 ・・でも、この本を読むと、とんでもない。。

 例えば、灰皿を片付けるふりをして、すっと相手の方に押しやり、相手の無意識に「こちらの領域の方が広いぞ」と思い込ませ、心理的に圧迫し、交渉を有利に進める方法。

 また、目の焦点をずらし、お客の眼球筋を無意識に動かすことによって、海馬の記憶にアクセスし、その情報を塗り替える方法。

 ・・などなど、他にもたくさんあるのですが、何と言うか、露骨というか、生々しいというか、正にタイトル通り「洗脳」という形で、圧倒的にお客の心を支配してしまう禁断の営業術が公開されているのです。

 
 でも、よく考えてみると、人間の心は、こんなことで、いとも簡単に操れてしまうものなのか・・!?という、恐怖心を抱いてしまうことも事実です。

 これらの方法はすべて、相手の「顕在意識」ではなく、「潜在意識」を支配する方法であり、受け手の側が、"すでに相手に支配されていることを自分で意識できない"というところが何よりも怖い・・。

 究極、人間関係の力学というのは、「無意識という情報空間をどちらが支配するか」ということに帰結しているということがわかります。

 このように、無意識の情報を書き換え、まるで自分でそれを思い立ったかのように思い込ませ、意図した方へと操る方法というのは、「権力」を握っている人たちが、したたかに、巧妙に利用してきた歴史があるようです。

 この方法で大衆を洗脳し、煽り、権力を持った一部の人間だけが圧倒的な富を得るために、国家レベルの都合の良い政治思想の流布や、大義なき戦争へと突き進んでいくために利用されているのだとしたら・・!?本当に怖ろしいことだと言わざるを得ません。


 ・・この本の意図というのは、「営業成績を上げる本」ということよりも、「権力を持っている側の洗脳の手口を知り、洗脳支配から身を守る本」であるとも言えます。

 苫米地英人さんの他の著書とかぶる内容も多いですが、特に、資本主義というルールにおける経営者と従業員との関係について書かれている部分や、ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)について書かれている部分も、大変衝撃的で、深く考えさせられました。

 その部分は今回割愛させて頂きますが、この本は、特に、会社の従業員や、これから社会人になろうという方にとって、とても重要な意味を持つ一冊になると思います。

 また、苫米地英人さんの、「洗脳」に関する他の著書も、機会があればぜひ手にとってみてください。


◇内容紹介・レビューが読めます
 営業は「洗脳」―一瞬でお客様を支配する禁断の営業術

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、成功しよう。
 
posted by ビジネス太郎 | Comment(2) | 能力開発

2008年10月24日

「ダ・ヴィンチ転脳テクニック」 児玉光雄 著 東邦出版




 今、「脳」が、かつてないほどの脚光を浴びています。

 マインドマップにフォトリーディング、速読に脳トレゲーム、本屋に行けば「脳」関連の書籍が並び、脳科学者の茂木健一郎さんはマスメディアで引っ張りだこの忙しさ・・。

 現代に生きる私たちの関心事が、「外面」から「内面」へと、変わってきているから?なのでしょうか。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(4) | 能力開発

2008年10月06日

「呼吸入門」 斎藤孝 著 角川文庫 



 私たちが普段、別に意識もせずに、自然と行っている「呼吸」というもの。

 しかし、このなにげなく行っている無意識の身体活動が、人間におけるあらゆる「潜在力」の根源だったとしたら・・。もう、”なにげなく”は、できなくなってしまうかもしれません。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(3) | 能力開発

2008年10月03日

「音読革命」 七田眞 著 ぜんにち出版


 

 最近「音読」という言葉をよく耳にしませんか?

 実は、脳科学の分野で「音読」が脳の活性化に非常に効果があることがわかり、能力開発や学校教育の分野で、大変な注目を浴びているそうなのです。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | 能力開発

2008年06月08日

「人の上に立つ超脳力」苫米地英人 前田雄吉 共著 主婦と生活社




 真のリーダーシップとは何か。

 この本には、「人の上に立つ」ということの本質が、これからのビジネスにおけるセンセーショナルな未来予測と共に語り明かされています。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | 能力開発

2008年06月01日

「英語は逆から学べ!」 苫米地英人 著 フォレスト出版




 この本には、今までの英語教育の常識を覆すような、センセーショナルな英語学習法が書かれています。

 例えば、「今すぐ辞書を捨ててください」とか、「文法は意味がない」とか、「暗記はしない」とか・・。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年04月04日

「脳を活かす勉強法」 茂木健一郎 著  PHP




 私達の勉強法は、間違っている・・。

 この本は、脳科学者・茂木健一郎さんが、ご自身の勉強体験をもとに、脳機能を最大限に活用した画期的な勉強方法について網羅した著書です。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(1) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年04月01日

「大好き!今日からのわたし。」 苫米地英人 著  宝島社 




 この本は女性向けに書かれていますが、男性が読んでも大変な学びのある本です。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年03月30日

「直感力」 児玉光雄 著  フォレスト出版




 人生って、決断の連続です。

 ビジネスはもちろん、就職、転職、投資、スポーツ、恋愛、結婚・・。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年03月02日

「スピード脳が可能にする速読・記憶法」七田眞 著  ロング新書 




 「右脳」の能力って、すごいらしいですね。

 この本の著者である七田眞先生は、右脳教育学習の第一人者で、右脳開発、能力開発に関する多数の著書を出版されています。 続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年03月01日

「頭の回転が50倍速くなる脳の作り方」 苫米地英人 著 フォレスト出版




 この本の著者である苫米地英人さんは、カーネギーメロン大学博士で、オウム真理教信者の脱洗脳を手がけ、マスコミでも話題になった脳機能学者です。

 苫米地英人さんは、こう言い切ります。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年02月22日

「たった2分で人の心をつかむ話し方」 木下通之 著  フォレスト出版   



 
 話し方一つで、仕事がデキる人かどうかって、なんとなく分かっちゃいますよね。

 よく通る声で、堂々とした態度で、自信を持って話されると、それだけでその人は信用に足りうる人物・・と言う評価がなされるのではないでしょうか。続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

2008年02月03日

「天才になる瞬間」 斎藤孝 著  青春出版社




 斎藤孝さんの言葉。

 「天才になる瞬間」とは、自分の才能をガシッとわしづかみにした感覚が生まれる時のことだ。

  
 自分の才能をガシッとわしづかみにする・・。

 それは、自分の中に秘められた「本当の力」が開放された瞬間。
 続きを読む
posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | TrackBack(0) | 能力開発

ビジネス書を読んで、あほうになろう。⇒能力開発

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。