最新の記事

ジーニアスコード:カテゴリーの記事一覧

2009年06月26日

ジーニアスコード集中講座体験記B

 
 ジーニアスコード集中講座で、私にとって一番大きな学びになり、一番大きな気づきを得られたワークといえば、何と言っても、「イメージストリーミング」というスキルです。

 ☆イメージストリーミング
 無意識の世界で繰り広げられている感覚や知性の活動に意識を向けること。
 また、それを問題解決・目標達成に活用すること。


 手順。

  1. 自分への質問を設定する

  2. 呼吸法により、リラックスした集中状態に入る

  3. 目を閉じ、瞼に浮かんできたイメージを口に出して言う(これをパートナーの人に絵に書いてもらう。一人ならボイスレコーダーを利用する)

  4. イメージが変化していく様を、視覚的なイメージだけではなく、聴覚・嗅覚・触覚・味覚・運動感覚・感情など、すべての感覚が感じている臨場感を、克明に表現する

  5. 目を開け、深呼吸と伸びをして意識を戻す


 これを二回行い、すべてのイメージで共通するシーンや、キーワードや、感情などの情報をプロファイリングする。

 ・・それが、潜在意識からの問いに対する答えというわけです。

 
 このとき、私が潜在意識に対して問うた質問。

 「このジーニアスコード集中講座の中で、私が見落としてはならない最も重要な学びとは何か」

 
 イメージストリーミングをしていく中で私が見たイメージ。

 まず一回目。

 水たまりからヘビが顔を出してきて、口をあけている。そして、口の中から、ヘビの舌がどんどん伸びてきて、空中で二つに裂け、二方向に向かってどんどん長くなっていく。
 最後は、その二方向に伸びていた舌が、丸を描くように、だんだん近づいてきて、先っぽどうしがくっつき、一つになる。

 
 二回目のイメージ。

 馬が水を飲んでいる。その馬の顔の左右から、なぜかヒゲが伸びてきて、どんどん長くなっていく。
 真逆の方向に伸びていた二つのヒゲが、丸を描くように、だんだん近づいてきて、先っぽどうしがくっつき、一つになる。


 この、支離滅裂な二つのイメージ。

 しかし、よく観察すると、共通点があります。

 ・水の中からヘビが顔を出す
 ・馬が水を飲んでいる

 ・ヘビの舌が二つに裂け、最後には一つになる
 ・馬のヒゲがどんどん左右に伸びていき、最後に一つになる


 私は、こう解釈しました。

 水は、意識と潜在意識の境界線をあらわす。
 そこから伸びてきた二つのもの、「意識」と「潜在意識」が、最後には、一つになる・・。

 
 ・・私の問い。

 「このジーニアスコード集中講座の中で、私が見落としてはならない最も重要な学びとは何か」

 私が解釈した潜在意識からの答え。

 「意識」と「潜在意識」を統合せよ。

 「意識」と「潜在意識」は、相反するものではなく、表裏一体でもなく、”一つ”である。と知れ。


 ・・もちろん、私のこじつけだと言われればそれまでですし、実際、こじつけ以外の何物でもありません。

 でも、このこじつけは、私の中で、少しの違和感もなく、すっきりと受け入れられたのです。

 私の潜在意識は、私が意識から発した問いの答えを、いつも、なんらかのイメージによって送り続けている。

 私は今まで、その潜在意識の発する答えに気づくことなく、意識の中で、ああでもない、こうでもない、と、アタマを使ってウンウン唸りながら考えていた・・。

 でも、このイメージストリーミングのワークで、ハッキリと、腑に落ちたことがあります。

 それは、私が問いを放った瞬間、潜在意識は、自然・イメージ・風・音・・あらゆるものを使い、その答えを発し続けてくれている。

 それに、気がつけるかどうか。

 潜在意識は、問いに対する最高の答えを必ず教えてくれるのだと、100%信頼できるかどうか。

 
 ・・それが、私が解釈した「意識」と「無意識」の統合であり、このジーニアスコード集中講座の中で、私が見落としてはならない最も重要な学びであったのだ。と、今、確信を持って言えるのです。


 人から聞かされたり、本を読んだりして「そうなんだ」と気づいたことって、実は、わかった「ような気」になっていただけだった。

 自分の内側の体感を通して、からだを通して心の底から納得した気づきこそが、本当に「わかった」ということなんだ。と、自分の体感を通して、知ることができました。


 ・・前回、ジーニアスコード集中講座であと二回は引っ張りたいと書きましたが(・・。)、私が学んだ一番大切なことはアウトプットし尽くしたので、今日でおしまいにすることにします。

 私にとって、このセミナーにかけたお金と時間は、人生で一番有意義なものであったと、しみじみ思っています。

 もし、ジーニアスコードに興味はあるのだけど、高いし、地方に住んでいるし・・と、迷っている方がいらっしゃいましたら、私は、こう言いたいです。


 ・・悩むってことは、本当は、行きたいんでしょ?(笑)


◇ジーニアスコードとは
 あなたの才能へアクセスする鍵(ジーニアス・コード)を見つける

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(2) | ジーニアスコード

2009年06月25日

ジーニアスコード集中講座体験記A

 
 さて、ジーニアスコード集中講座は二日間に分かれており、下記のようなスケジュールで行われました。


<一日目>

@イメージストリーミング
 無意識の世界で繰り広げられている感覚や知性の活動に意識を向けること。
 また、それを問題解決・目標達成に活用すること。

Aオーバー・ザ・ウォール
 スピードと不意打ちを使って、脳のエディター機能を回避する問題解決のテクニック。

Bルシッド・ドリーミング
 夢を見ていると自覚しながら夢を見ること。


<二日目>

Cハイ・シンクタンク
 脳が何を尋ねられているか見当もつかない質問をすることで論理的な脳に情報を編集させないようにするテクニック。

D天才を借りる
 イメージの中で天才と一体になる体験をし、天才の感覚や記憶を自分の中に取り込み、能力やスキルを高める。

Eツールビルダー
 イメージの中で時空を越えるタイムマシンに乗り、自分がスキルアップしたいテーマの人たちが暮らす高度文明へトリップ。その文明の子供と大人の感覚を通して、スキルアップの秘訣を体得する。


 すべてのスキルに共通する、重要なポイントは以下の三つです。

  1. 質問をする

  2. 呼吸法

  3. イメージを声に出して話す



 とにかく、自分の潜在意識に対して、ある「質問」をする。
 そうすると、質問に対する最高の答えを、潜在意識は教えてくれる。

 ・・ただし。潜在意識は、直接わかりやすく答えを教えてはくれない。

 時には"シンボル"だったり、時にはふと開いた本の中のフレーズであったり、時には支離滅裂なイメージだったり・・。

 そして、その潜在意識からの「サイン」を読むことを邪魔する、「意識」というフィルターをいかにして外すか。

 ・・これが、私なりに解釈した、ジーニアスコードというスキルの「核心」になります。

 
 講座を受けて思ったのは、潜在意識って、いたずらっ子みたいだなって。(笑)

 質問に対する最高の答えを教えてくれるんだけど、絶対、何か変な例えにして提示してくる。
 
 「・・どう?わかるかな〜?」って、遊んでるんです。

 講師の方がおっしゃってたのは、この「質問」のスキルを、例えば、ギャンブルで儲けようとして使った場合、ほとんどが外れてしまうんだそうです。

 私利私欲に走ってテクニックを使おうとすると、潜在意識は、そっと、本当の答えを隠してしまう・・。

 何か、人格があるみたいだな〜って、面白かったです!

 
 ・・さて、盛り上がってきたところで、この辺でまた明日へ続きます。(・・どんなんや。)
 明日は私がジーニアスコード集中講座の中で最も影響を受けた、「イメージストリーミング」というテクニックについて書いてみようと思います。
 
 
 ・・ちなみに、あと二日くらいはジーニアスコードで引っ張る予定です。
 だって、この講座にビジネス書100冊分のお金かけたんだもん。(・・。)
 本当は一ヶ月くらいジーニアスコードで引っ張ろうと思ったんですが・・。
 ・・う〜ん。よく考えたらそんなにネタがないので、やっぱりやめときます。(・・アホ。) 


◇・・ジ、ジーニアスコードとは
 あなたの才能へアクセスする鍵(ジーニアス・コード)を見つける

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(0) | ジーニアスコード

2009年06月24日

ジーニアスコード集中講座体験記@

 
 二日間のジーニアスコード集中講座を終えて帰って来ました。

 ・・やったぜ!これで今日からオレもジーニアス!!・・などと言うことは、残念ながらありません。(・・。)

 学んだのはその方法論・やり方であって、そのスキルを実際に使いこなし、磨きをかけていくのは、これからの個々による日々の鍛錬に委ねられています。

 驚いたのは、ジーニアスコード集中講座に来ているメンバーのほとんどが、フォトリーダーであったこと。

 そんな中で、もちろん私は、フォトリーディングの経験はありませんでした。

 休憩時間に、メンバーの一人からこう尋ねられました。

 「あのー、ジーニアスコードって、フォトリーディングを受けた人限定の講座じゃなかったですか?」

 
 ・・エえっエ!??!?

 
 や・・やべー・・。ぜんぜん知らなかった・・。

 ひょっとして、来てはいけない場所に、珍獣が一匹まぎれ込んでしまったのかもしれない・・。
 
 ・・恐る恐る、ラーニングソリューションズの女性スタッフの方に、そーっと聞いてみました。

 「そんなことないですよ。全然大丈夫です。フォトリーディングとは違ったスキルになりますので。」

 ・・あまりのうれしさに、私はその場で「我が人生に一片の悔いなし!!」と叫びながら飛び上がってしまいそうになりましたが、アホと思われるとマズイので、喜びをグッとこらえ、ニヤケながら席へ戻りました。
 そのニヤケ顔を見ていた隣の女性に変態だと思われていなかったか、未だにちょっと心配です・・。(・・。)

 
 ・・さ・・さて、びっくりしたのは、来ている人のレベルの高さ。

 フォトリーディング・マインドマップは当たり前。

 関西英語スピーチコンテストで優勝した経歴を持つ女性。
 学校を作りたいのだがそれに掛かる膨大なキャッシュの工面をどうしようかと、真剣に悩んでいる二十台半ばの若者。
 子供たちの将来にとって幸せな世界を作るためのアイデアを、どう生み出すか。と、目をキラキラさせながら熱心に語る、三人の子供を持つ女性。・・などなど。
 
 悩みのレベル、志のレベルが、全く違うと感じました。

 このような素晴らしい人たちと、一緒に学ぶことができたということ。
 このような素晴らしい人たちと、ご縁を持つことができたということ。

 ・・それは、このジーニアスコード集中講座で学んだスキル以上に、私にとって、大きな学びになったし、また、大きな収穫でもありました。
 

 私が二日間のジーニアスコード集中講座で学んだスキルは、以下のようなものになります。

@イメージストリーミング
 無意識の世界で繰り広げられている感覚や知性の活動に意識を向けること。
 また、それを問題解決・目標達成に活用すること。

Aオーバー・ザ・ウォール
 スピードと不意打ちを使って、脳のエディター機能を回避する問題解決のテクニック。

Bルシッド・ドリーミング
 夢を見ていると自覚しながら夢を見ること。

Cハイ・シンクタンク
 脳が何を尋ねられているか見当もつかない質問をすることで論理的な脳に情報を編集させないようにするテクニック。

D天才を借りる
 イメージの中で天才と一体になる体験をし、天才の感覚や記憶を自分の中に取り込み、能力やスキルを高める。

Eツールビルダー
 イメージの中で時空を越えるタイムマシンに乗り、自分がスキルアップしたいテーマの人たちが暮らす高度文明へトリップ。その文明の子供と大人の感覚を通して、スキルアップの秘訣を体得する。


 ・・う〜ん。前半わけのわからないことを長々と書いてしまって(・・。)ちょっと長くなってしまったので、個々のスキルのレポートについては、また明日、書かせていただきます。
 

◇ジーニアスコードとは
 あなたの才能へアクセスする鍵(ジーニアス・コード)を見つける

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(4) | ジーニアスコード

2009年06月19日

「ジーニアスコード集中講座」へ行ってきます

 
 明日・明後日の二日間、東京で、株式会社ALMACREATIONS ラーニング・ソリューションズ 主催の「ジーニアスコード集中講座」を受講しに行ってきます。

 フォトリーディング集中講座ジーニアスコード集中講座と、両方に興味があり、チャンスがあれば行きたいとずーっと思っていました。

 でも、なかなか踏み切れなかったのは、105000円と私にとってはかなり高額なセミナーであること。
 地方に住んでいるので、交通費・宿泊費と、別途に大きな出費が加算されること。
 そして何よりも、会社から連休をもらわなければならないこと。(当日朝一の飛行機に乗っても講座開始時刻に遅刻してしまうため、前日に東京入りしなければならなかったため、最低三連休は必要・・。)

 もちろん会社に、「ジーニアスコードを受講しに行ってくるので連休ください」と言っても、上司にパワーボムされるのは目に見えているため、何と言っても、ここが一番の難所でした。

 「ジーニアスコード・ホームスタディ講座」という、地方にいながら自宅で学べるキットも販売されているのですが、どうしても直接講師の方にしっかりと教わりたいという気持ちがありました。

 会社のヒマな時期を見計らい、財布と相談しながらも、結局踏み切れずに、時間だけがだらだらと過ぎていきました。

 でも、いつも読ませていただいている、新習慣クリエーターの多ぁ忙さんのブログ「新たな習慣へのトライ」の記事「決心。フォトリーディングの受講へ。」の、この言葉を読んで、腹が決まりました。

 いろいろ悩むのは、「受けてみたい」からです。ならば受けてみればいいじゃないか。このチャンスを逃したら、なにも変わらない毎日が続いていくような気がします。


 ・・結局、オレは、受けたいんだろう?って。(笑)

 何もしなければ何も変わらない、いつもと同じ日常が待っていると知りながら、現状を維持しているのがラクだから、受けたいのに、「受けなくてもいい条件」を、受けたいのに、「受けなくても自分を正当化できる理由」を、私は必死で探していたんですね。

 
 ・・神田昌典さんの言葉。

 現実を変えたければ、質問を変えなければならない


 何のためにオレは本を読んでいるんだ?
 
 ・・決断するためだろう?


 多ぁ忙さんの言葉で目が覚めて、質問を変えました。

 「連休を取る場合、どのように言えば受け入れやすくなる?」
 「お金の執着を手放すには、どう考えればいい?」
 「この条件をすべてクリアするためにしなければならないことは?」


 ・・それから、本気になってスケジュールを決め、上司には二ヶ月前から連休がほしいと働きかけ、お金の面では、苫米地さんの本を読んで、「オレの財布は日本の国家予算だぜ」と自己洗脳し(・・アホ。)、ついに、今日という日を迎えることができました。

 決断て、する前は苦しいけど、連休取ってホテルの予約してお金振り込んじゃったら、以外にさっぱりとするものですね。
 あれ、オレ何で悩んでたんだっけ・・?みたいな。(笑)  


 ・・それでは、何もしなければ何も変わらない日常に、"喝"を入れに行ってきます。

 しっかりと「あほう」になって来ますね!(・・?)


◇ジーニアスコードとは
 あなたの才能へアクセスする鍵(ジーニアス・コード)を見つける

◇ビジネス書ブログランキングに参加しています。
 よろしければ、応援のクリックを頂けるとうれしいです。
      ↓
 ビジネス書ランキング

◇トップページへ
 ビジネス書を読んで、あほうになろう。

posted by ビジネス太郎 | Comment(6) | ジーニアスコード

ビジネス書を読んで、あほうになろう。⇒ジーニアスコード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。